情報コーナー
建設リサイクル法とは
建設リサイクル法とは、2002年5月30日に施行された「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」の
ことで、建設工事の受注者には、特定の建設資材廃棄物の分別とリサイクルを行うことが義務付けられ、
解体工事の事前届出が必要になりました。

建設リサイクル法の主な内容
下記のいずれかを用いた建築物などの解体工事で、延床面積80u(約24.2坪)以上の建築物の解体工事に
ついては、基準に従って分別(分解解体)し、再資源化(リサイクル)することが義務付けられています。
コンクリート(車庫、玄関、エントランスまわり、万年塀)
コンクリート及び鉄から成る建設資材(基礎、ブロック塀)
木材
アスファルト・コンクリート(道路)

国土交通省のリサイクルホームページへ
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/recycle/index.html

誰に対して義務が発生するのか
家電リサイクル法と同じで家の所有者に最終責任があります。もちろん工事を請け負った解体工事業者にも
きちんと処分をする責任があります。